沖縄黒糖の通販・手作り黒糖専門店|仲宗根黒糖本店 仲宗根黒糖本店では、黒糖作りに人生をかけた店主が、本物の黒糖を沖縄から手作りでお届け致します。契約農家さんが育てたサトウキビから取った一番搾り汁を、地釜で5時間以上煮込む昔ながらの製法で生まれた黒糖は、ミネラルをたっぷり含みサトウキビ本来の味を楽しめます。くるみやカシューナッツ、ジャムなどの加工品もご用意しております。

白砂糖 体への影響

白砂糖 体への影響

白砂糖の原料は 白砂糖の作り方はサトウキビ汁を煮詰めて固めるだけの黒糖に比べ、非常に複雑で、 正直、わたしも実際に工場を見学して製造現場を見てないので詳しいことはわかりません。 ただ、同じ原料から造るものがこんなに違ったものになることに興味を覚え、調べてみるてみました。 日本で消費されている砂糖の約70%は輸入...

砂糖の歴史

砂糖の歴史

砂糖の始まり(甘庶糖) 砂糖の造りの始まりは紀元前5世紀にインドでサトウキビの茎から人工の蜜として砂糖をとったという記録があります、 それが砂糖の始まりとして記録に残っている最古の記録です。   もちろん、その頃の砂糖は現在の精製された白砂糖の状態ではなく、黒砂糖に近いような形状ではなかったと思われま...

さとうきび畑にハブ(毒ヘビ)出現

さとうきび畑にハブ(毒ヘビ)出現

サトウキビ畑にハブ(毒ヘビ)が~ サトウキビ収穫の時に時々出くわしてしまうのが、 なんとハブ(毒ヘビ)なんです。 沖縄のサトウキビの収穫期は12月後半から3月いっぱい、沖縄の短い冬から 春のにかけてなので、冬は冬眠しているハブにはそれ程、頻繫には出くわせないのですが、 近年、特に今年の冬はあったかかったせいも...

黒糖と沖縄その始まり

黒糖と沖縄その始まり

サトウキビ 日本で一番多くサトウキビが栽培されているところは沖縄ですが。 サトウキビ畑の風景は真っ青な海と同じくらい沖縄の風景としてイメージされます。 その沖縄にサトウキビがいつ頃どこからどうやって入ってきて、 なぜ広まって今も多く栽培されているを探っていくと沖縄のサトウキビ畑の風景 よりいとうしく見えるかも...

黒糖造りのとの出会い

黒糖造りのとの出会い

沖縄生まれ、沖縄育ちの私にとって黒糖とは 私は1959年沖縄県の浦添市経塚と言うところで生まれました。 私が小学生の頃まで僅かですが、私の家で父が大工の仕事と兼業で黒糖の原料であるサトウキビを栽培していました。 今はほとんどが住宅地となっているこの辺もあの頃はサトウキビ畑が多く、やはり兼業で栽培していました。 ...

美味しい 黒糖 お取り寄せ

美味しい 黒糖 お取り寄せ

美味しい黒糖の選び方 黒糖を購入する方法はお店で直接購入したり、ネットや通販カタログなどでお取り寄せしたり等の方法がありますが、 何を基準にどうやって選んで購入したら、美味しい黒糖を手に入れることができるかはあまり知られてていません。   見た目はどれも黒くてあまり味は変わらないそうですが、 黒糖の...

画像サイズ

画像サイズ

画像 サムネイル   カスタムサイズ   フルサイズ   ギャラリー [gallery ids="37,36,35"]   テーブル AAA DDD GGG BBB EEE HHH CCC FFF II...

関連商品テスト記事

関連商品テスト記事

テストテストテストテストテスト   テストテストテスト①   テストテストテストテストテストテストテストテスト テストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテスト   テスト   テストテストテストテスト...

文字装飾

文字装飾

  見出し1+装飾1   テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストストテキストテキストテキスト...

特集